アレルギー検査の種類

多くの方は、パッチテストを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、パッチテストでは遅延性のアレルギー反応を調べることが主目的であり、即時があのアレルギー反応を調べる場合には、皮内テストを行うことが多いです。

これは、ごく微量のアレルギー物質と思われるに物質を比内に注射することでアレルギー反応を検証する方法です。

また、スクラッチテストや光パッチテストもアレルギー物質を調査するために用いられます。

ただし、スクラッチテストは微細な傷を皮膚につけ、アレルギー物質と考えられる物質を貼り付けて検査するため、精神的、時間的にも多くの浪費をするものですから、あまり主流な方法ではないです。

光パッチテストは、パッチテストを補完、前進させるものです。

通常のパッチテストで陰性と判定された場合でも紫外線や可視光線を当てることにより化学反応が起きアレルギーの原因となることがあるため、紫外線や可視光線をプラスして照射することでアレルギー反応をより詳細に検査することが可能となります。

蕁麻疹はアレルギー症状

多くの方が勘違いされていとお思います。

じんま疹は、何か特異な病気ではなく、即時型のアレルギー反応で起こる症状(非アレルギー性の場合もあります。)です。

じんま疹は、膨疹(ぼうしん)という蚊に刺されたような腫れが一つから複数現れるもので、数が多くなり、集合すると皮膚機能が低下し危険な状態に陥ることもごくまれにある症状です。

この膨疹は「かゆみ」を伴って症状を自覚することが多く、皮膚が薄い部位に現れやすいという特徴を持っています。(薄くない部位にも現れることもあります。)

そして、数時間以内に収まり収束していく傾向が顕著です。

また、ホルモンバランスや自律神経の変調、精神的なストレスの変調など、諸説ありますが、慢性じんま疹という症状も近年多くなってきているようです。

慢性じんま疹は、何の気なしに肌をかくだけでミミズ腫れのように腫れる症状です。

その際は、ステロイド剤の塗布による治療も進められますが、まずは生活習慣の改善につとめることで自然と症状が軽くなるケースもあります。

しかし、他の病気との併発や関連症状のケースも考えられますので、ステロイド剤に嫌悪感を抱いている方もまずは皮膚科や内科を受診し、医師の診断を仰ぐことをおすすめ致します。

かぶれの治療法

次刺激性接触性皮膚炎は、まずは原因物質の除去から治療を始めます。

流水で洗い流したり、時には消毒液や弱めの洗剤使うことも必要になるかもしれません。

基本的には、肌についた物質に反応して引き起こされている反応だからです。

とくに油性のものだったり粘着性のものですお注意して皮膚上から除去することが必要となるでしょう。

ただし、
アレルギー性の接触性皮膚炎の場合、アレルギー物質を特定が困難な場合がありその間にアナフィラキシー反応が進行し、重大な状態となる場合があります。

化学繊維やアクセサリー類の金属系物質、ハウスダストなどの環境物質などアレルギーの原因は多岐にわたるので原因の特定が困難な場合や症状に進行がいられる場合には速やかに病院へ向かうことが大切です。

 

アレルギーの種類

即時型アレルギー

アナフィラキシーショックに代表される、即時型アレルギー。

  • 1型;気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、じんましん
  • 2型;天疱瘡
  • 3型;前新生血管炎、全身性エリテマトーデス

遅延型アレルギー

24~48時間程時間がかかる、遅延型アレルギー。

4型;接触性皮膚炎、ツベルクリン反応

 

アトピー性皮膚炎は、即時型アレルギーでもあり、遅延型アレルギーでもあるという不思議なアレルギーです。